TOP

Log67

2020/02/23(日)
酒と肴の器2020 本日最終日です。
酒と肴の器2020 本日最終日です。

今年も鷲の尾の蔵開き「酒と肴の器」にたくさんの人にお越しいただいています。ありがとうございます。

会場にはお酒の時間を豊かにしてくれる素敵な「器」がまだまだたくさんあります。鷲の尾母屋で素敵な出会いがあれば嬉しいです。

酒粕を使ったお菓子、地元のそば粉で打った蕎麦のお振舞いもありますし、麹だけで作った甘酒も好評です!
昨年リニューアル発売したばかりの砂田屋さんの酒ケーキ、取れたて!八幡平マッシュルームの販売もあります!

最終日は13時から餅つきを行います。
こちらもどうぞお楽しみに!


2020/02/21(金)
酒と肴の器2020
わしの尾の蔵開き
酒と肴の器2020始まっています。

21日(金)から23日(日) 10時から16時まで。
会場はもちろん鷲の尾の酒蔵です。

美味しいお酒は素敵な酒器で!
地元の工芸家のつくる素敵な酒器をお手に取ってご覧いただけます。酒器だけがこれだけ集まる機会は貴重です。

会場では打ちたての手打ちそば、酒粕で作った甘酒、酒粕を使った食の試食ができます。

今回は初めての企画として、日本酒用の麹で作った甘酒を1杯100円で販売します。

昨年9月に開催した八幡平のお仕事体験で、小学生の皆さんにつくっていただいた世界に一つだけの鷲の尾ボトル約70本も展示中です。


2020/02/17(月)
酒粕入りスコーン焼きました
 酒粕効果で味に深み、外はカリッと中はしっとりもっちり、ほのかな甘みがくせになりそうです。酒粕好きには、お勧めしたい一品です。

 今週の金曜日から酒と肴の器展を開催します。今年もとろり粕販売します。お越しの際は、是非お買い求めください。

「酒と肴の器 2020」

 今年も「酒と肴の器」を展示販売致します。より美味しく「わしの尾」が味わえる素敵な酒器を見つけて頂けたら嬉しいです。
 本展示会限定で、「わしの尾のにごり酒」の販売、蔵見学、打ちたての蕎麦、甘酒などとともに、今年は、「米麹で作った食べる甘酒」を会場限定で!

陶磁器:陶房金沢、陶來
漆 器:安比塗漆器工房、漆工房 朱楽、艸工房、
高橋 勇介、Lakka

会 期:2020年2月21日(金)〜23(日)
    10時00分〜16時00分

会 場:株式会社 わしの尾 母屋(八幡平市大更22−158)

主 催:「酒と肴の器百選百様」実行委員会

共 催:八幡平市商工会

後 援:八幡平市、(一社)八幡平市観光協会)








 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.10