過去のお知らせ
2022/07/20(水)
材木町よ市
7月16日材木町よ市にお越し頂きありがとうございました。

開始直前まで雨が降っていましたが、その後は晴れて蒸し暑くなった日でした。冷やしたお酒もおいしかったのではないかなと思いました。

今回お持ちした「木桶仕込み 北窓三友」は、数量限定の季節商品です。ぜひご賞味いただければと思います。


次回の出店日は8月20日です。
感染症対策をしてぜひお越しください。


2022/07/17(日)
八坂神社例大祭 山車が来ました
 7月15日は大更の八坂さんのお祭り日でした。

 7月に入り夕方、笛や太鼓の練習の音が遠くから聴こえてました。
 当日はあいにくの小雨の中でしたが、音頭をあげる方、お囃子の子たち、山車を引く雨着の小さな子たちがにぎやかに通り過ぎてゆきました。
 
八坂さんはあらゆる災いを払う神様。どうぞ災害のない日々になりますように。そして来年はきれいな青空の中子供たちの笑顔が見られるお祭り日になりますように


2022/07/15(金)
材木町よ市出店のお知らせ
明日7月16日(土)に材木町よ市に出店します。

先日もお知らせしましたが、「あさむらさき」、「梅酒」、7月の季節商品「木桶仕込み 北窓三友」を持っていきます。そのほかに「蔵人の酒 純米吟醸」と出荷を開始したばかりの「吟醸練粕」も持っていく予定です。

明日はあいにくの天気の予報ですが、キリっと冷やしたスッキリとした後味の「蔵人の酒 純米吟醸」を楽しんでいただければと思います。

「吟醸練粕」は、塩もみしたキュウリにマヨネーズと和えて食べる方もいらっしゃるようですし、肉を一晩程度漬け込むと酒粕の風味がついて美味しく頂けると思います。


感染症対策をしてぜひお越しください。


2022/07/08(金)
材木町よ市出店のお知らせ
今月のよ市出店は16日(土)です。

今回は、「梅酒」、「あさむらさき」、7月の季節商品「木桶仕込み 北窓三友」をお持ちいたします。


「木桶仕込み 北窓三友」は、米の旨味と乳酸菌由来の酸によるキレのある山廃仕込みの純米酒です。


この他にあともう1種類、冷やしておいしいこの季節に合うお酒を持っていく予定です。

感染症対策をしてぜひお越しください。


2022/06/13(月)
材木町よ市
6月11日よ市にお越しいただきありがとうございました。
天気にも恵まれよ市日和でした。

6月16日から、純米吟醸酒「ほし」が蔵元出荷になります。旨味のある落ち着いたお酒になっております。

次回の出店は7月16日です。
感染症対策をしお越しください。


2022/06/11(土)
材木町よ市出店のお知らせ。
本日6/11日 材木町よ市出店致します。

今回は、「竹葉 純米生貯蔵酒」「北山酒経」「あさむらさき」「梅酒」6月の季節限定商品、今週発売致しました「木桶仕込み 陸羽132」と来週発売致します「ほし」を持って行きます。

「木桶仕込み 陸羽132」は口当たりの柔らかさと深みのある味わいの純米酒です。

来週発売の「ほし」をよ市限定にて、1杯売り致します。爽やかな酸味とスッキリとした旨味のある純米吟醸酒です。

これから暑くなってくるこの時期に、冷たい梅酒はいかがでしょか!わしの尾の梅酒は、よ市でしか『飲めない』『買えない』お酒となっております!

感染症対策をしお越しください。


2022/05/24(火)
鷲の尾 木桶シリーズ 5月から7月にかけて発売します。
わしの尾では木桶で仕込んだ日本酒を造り、5月、6月、7月に販売しています。

そもそも昭和初期くらいまで、日本酒は木の桶で造っていました。
しかしながら木桶は衛生管理面での手入れの難しさと、より大きな仕込みへの対応のために、次第に琺瑯びきのタンクに置き換えられてきました。このことで温度管理もやりやすくなりました。
ところが、技術の発展に伴い衛生管理もしっかりできるようになり、日本酒醸造にまつわる様々な技術が磨き上げられてきた昨今になって、あらためて伝統的な酒造りの魅力が見直されています。

最初に木の容器で仕込んだお酒に出会ったのは、盛岡のワイナリー、五枚橋ワイナリーさんが仕込んだフジというリンゴ品種の樽醗酵ワインでした。
五枚橋さんの造るリンゴのワインは盛岡のリンゴの果実の美味しさが発揮されたワインですが、これを樽で発酵させたワインはそれに加えて醸造物としての風格がある素晴らしいお酒でした。

是非自分たちの日本酒でも試してみたいと思い、木桶を導入して作っているのが「鷲の尾の木桶シリーズ」です。金印、陸羽132、北窓三友の3種類があり、これらの銘柄はわしの尾でもスタンダードな銘柄ですし、木桶で仕込むことの魅力を感じていただきやすいものです。

5月:金印
6月:陸羽132
7月:北窓三友

500Lほどの小さな木桶で仕込んでいるため数量限定にはなりますが、ぜひ木桶で仕込む日本酒の魅力を感じていただけたらと思います。


2022/05/16(月)
材木町よ市
5月14日、大変風の強い中よ市にお越し頂きありがとうございました。

5時過ぎからは肌寒く感じ、お燗の準備もしていけばよかったと思いました。


次回の出店日は、6月11日です。
感染症対策をしてぜひお越しください。


2022/05/13(金)
材木町よ市出店のお知らせ
今月のよ市出店は14日(土)です。

今回は、「にごり酒」、「雪の鼓」、「あさむらさき」、「梅酒」、5月の季節商品「木桶仕込み 金印」を持って行きます。

「梅酒」は、岩手県産の梅を上撰原酒に漬けたもので、ロックや炭酸水で割ってお楽しみいただけると思います。

「木桶仕込み 金印」は、醪の発酵中の温度変化が緩やかであることから、柔らかく味わいの深い仕上がりとなっていることが特徴です。


感染症対策をしてぜひお越しください。


2022/04/05(火)
新商品!八幡平 ドラゴンアイ
 今回、春の訪れに合わせ、酵母無添加 辛口純米酒 
鷲の尾「八幡平 ドラゴンアイ」を発売いたします!

 このお酒は、弊社では初めてとなる、酵母無添加 生酛仕込みでスッキリとしたドライな口当たり、そして日本酒度プラスで辛口の酒質を目指し、弊社の代表的な純米酒『北窓三友』と同じ酒米・仕込配合で造ったお酒になります。弊社商品ラインナップの中では辛口のお酒でありながら、すっきりした呑み口と生酛の乳酸菌由来の酸味のキレを持ち、しっかりした米の旨みを味わうことができる旨口のお酒でもあります。

 味の濃い料理や煮物、肉料理、揚げ物、鍋類など幅広く食事と合わせることのできるお酒です!春の旬な食材と合わせて是非ご賞味いただけたらと思います!

内容量 本体価格 税込み価格
720ml  1,500円  1,650円
1800ml  3,000円  3,300円

☆ドラゴンアイとは?☆

  【運が良ければ見られる「八幡平ドラゴンアイ」】

 岩手から秋田にまたがる国立公園八幡平の山頂付近にある鏡沼の雪解けの様子が、まるで龍の眼の様に見えることから「八幡平ドラゴンアイ」と呼ばれており、5月の中旬から6月の中旬の限られた時期に見られる神秘的な景色です。
積雪量や雪解け、天候の状況などの条件がそろうと姿を現す自然の現象を見に是非お出かけください。




 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.10