過去のお知らせ
2018/11/16(金)
旨い、芳醇熟成酒
 秋鮮やかな彩から徐々に茶色が濃くなり、葉も落ちて冬の装いに変わってきました。こんな秋の夜長に日本酒を一つ二つと口に運び味わいを楽しんでみては、いかがですか。
 今、特別なお酒「芳醇熟成酒」。
アルコール度数はなんと19%以上。その味わいを温度を変えて飲んでみてください。
・涼冷え(この時期の常温位) 甘味を覆うように辛味がわっと広がりす〜っと消える。飲み慣れてくると次第に甘味とのバランスが良い。
・ひと肌〜ぬる燗 舌に甘味を感じ、同時に口全体にきれいな酸味が覆い後からまろやかさが加わる。
・熱燗 調和がとれ柔らかな酸味が広がる。

是非、秋の味覚やこだわりの肴でどうぞ。美味しさに飲み過ぎにはご注意を。19%ですから。


2018/11/15(木)
今年度最初の吟醸!
いよいよ、今年度最初の吟醸醪の洗米が始まりました。

吟醸の作業が始まる頃になると、繊細な作業を求められるため、蔵人たちの表情がいつもより真剣さがまし、いつもと違った緊張感が感じられる空気になります。

この繊細な作業や絶妙なタイミングを感じとってしぼられたお酒が、華やかな果実の様な香りや、綺麗で程よい甘味と酸味の調和のとれた、「蔵人の酒 純米吟醸酒」に今回はなっていきます。

蔵人達が神経を研ぎ澄まし、できあがった純米吟醸酒。
皆様のお手元に届くのはまだまだ先ですが、是非、楽しみにしてお待ち下さい!


2018/11/14(水)
『酒粕健康パワーの秘密』
酒粕には、豊富な栄養素がたっぷり含まれている事は、皆

さんも知っていると思いますが!

私は、最近注目している栄養素があります。

それは!『レジスタントプロテイン』です。

たんぱく質の一種で、糖分や脂肪分を絡め取って、排出する

作用があるそうです。

たんぱく質は、体に吸収されて、その働きを発揮する様に思

えるのですが!

この『レジスタントプロテイン』は、ちょっと特別で、胃腸

で消化されにくいため、どちらかというと、食物繊維に近い

働きを持っているみたいです。

 なので!実際、に吸収されるカロリーより少なく済むん

じゃないかと!?

ちょっとダイエット期待しています。(๑˃̵ᴗ˂̵)


2018/11/13(火)
『風味豊かで栄養満点』の練粕はいかがでしょうか
落ち葉が風に舞う季節となりました。

そろそろこたつが恋しくなり、我が家でも薪ストーブが活躍し始めました。

昨日わしの尾では、残り少なくなってきた『普通練粕』の袋詰めをしました。

ひと夏こして熟成された酒かすは色も良くとてもおいしいです。

漬け物や、秋の美味しい素材を使い工夫こらしてお使いください。

八幡平市の『各酒販店』『道の駅』で好評販売中です。 


2018/11/12(月)
様々な酒器
 普段とは違った「酒器」のチョイスで、お酒の香り・味の違いを楽しむことができ、新たな印象を与えてくれます。また、「この酒器、いいなぁ〜」といった意外な発見ができたりと、お酒の印象は酒器によって驚くほど変化し楽しいですよ!

酒器といっても、漆器、陶器、ガラス等々様々あり、容量も異なり飲み方に楽しみを与えてくれ非常に奥深いです!

是非、酒器選びにこだわって自分のお気に入りで、お酒を楽しんでみてはいかがでしょうか!?

※酒器選びにこだわり過ぎての飲み過ぎには、くれぐれも気をつけましょう!


2018/11/10(土)
寒くなってきたので、甘酒はいかがでしょう。
立冬も過ぎ、朝晩と冷えますね。
晩酌に熱燗もいいですが、板粕を溶いて甘酒はいかがでしょうか!

飲むと体が温まり、栄養素が豊富で健康に良く、沸騰させてアルコールを飛ばせば、子供と一緒に飲めます。

寒くなってきたので、甘酒を飲んで温まりましょう!



2018/11/09(金)
昨日は自社で作った「はなの舞」で仕込んだ「蔵の舞」を飲みました。程好い辛口で飲みやすく、飲んだ後の余韻も心が安らぐ、とても良い物でした。夏場での田んぼ作業を思い出しながら、ちびり、ちびりと晩酌を楽しんだ、そんな夜でした。


2018/11/08(木)
昨日、雫石地区の得意先を訪問するため小岩井農場を通り
ました。小岩井周辺は、紅葉も盛りをすぎ盛んに木の葉が
落ちて晩秋のようでした。
小売店では、寒くなると普段ビールを買っているお客さん
も日本酒を手に取る人が出てくると話していました。
来月には、新酒が出てくるので御期待ください。


2018/11/07(水)
旅のお供に『カップ酒』 いかがですか
季節は立冬を迎え、岩手山も白く雪化粧し、里にもあと少しで降雪が見込まれる今日この頃です。

寒くなってくると、日本酒が恋しくなってくる今日この頃ですが、本日はワンカップについて書きたいと思います。

旅先で飲む地酒はまた格別な味わいがあります。ワンカップなどは、お手軽に地酒を味見出来て、非常に便利なものですね。

「私は旅先で絶対買います」

地元の食材に地酒を合わせるのも良いですが、風景を楽しみながら外で一杯コクっと飲む酒も乙なものです。
景色をつまみにお酒を味わうと、しみじみと旅情を感じ、万感の思いにふけることができます。


旅情をそそるアイテムにカップ酒いかがですか?
八幡平市にお越しの際は是非『わしの尾カップ』お試しください。

写真は11月3日12時20分の岩手山の山頂です。
わしの尾カップとコラボしてみました。




2018/11/06(火)
裏山も冬化粧、寒い寒いですね。美と健康の素、板粕が出ました。販売開始。飲む点滴「甘酒」。さぁ、この冬を乗り切りましょう。


 OR AND
スペースで区切って複数指定可能
[TOP]
shiromuku(hu1)DIARY version 3.10